自己評価

(株)ラ・ケアでは、事業所の改善のため、年に2回、自己評価 を実施しています。 
自己評価とは、各事業所が提供するサービスを自ら評価し、課題を 導き出します。
その課題を解決に向け、具体的な計画を立て、実行 することによりサービスの質の向上を図ることです。 
評価の結果、期間を定めて課題をあげます。サービスの質の向上 に向け、その課題に取り組んでまいります。


2013年 5月 自己評価

事業者名称(事業所番号)ラ・ケア本社(2670700414)
提供サービス名:訪問入浴介護

サービスの質の向上に向けて、取り組む課題と優先順位、達成度評価の計画
評価年月日   H25年5月30日
前回評価年月日 H24年11月30日

サービスの質の向上に向け
取り組む課題
取組み期間
(年月~年月)
改善に向けた
具体的な行動
達成度評価 次回評価時期
評価項目
番号
優先
順位
内容
A2-1 2 人権侵害、虐待についての研修、周知に取り組む H25年
6月~11月
研修の実施 H25年11月
C5-1
(前回)
1 ・インシデントや事
故が起こる前に危
険予測ができるよ
う訓練をする
・事故の件数を月ご
とに比較していく
H25年
6月~11月
KYT(危険予知訓練)活用、事故防止委員と共に研修の機会を設ける 継続
H25年11月
C5-1
(前回)
2 ・インシデントや事
故が起こる前に危
険予測ができるよ
う訓練をする
・事故の件数を月ご
とに比較していく
H25年
6月~11月
KYT(危険予知訓練)活用 KYTの活用にて研修はできたが、継続してできていないため、訓練までには至っていない。また、月ごとで比較もできていないため、継続とする。 継続
H25年11月
C9-1 1 マナーや気配り心配りなどの配慮意識を高めることができる H24年12月
~H25年5月
・マナー研修
・その都度声掛け
接遇マナー研修を行った。その都度の声掛けもしているため、意識付いてきている。 終了

事業者名称(事業所番号)ラ・ケアみなみ(2670900014)
提供サービス名:訪問入浴介護

サービスの質の向上に向けて、取り組む課題と優先順位、達成度評価の計画

評価年月日   H25年5月31日 前回評価年月日 H24年11月30日

サービスの質の向上に向け
取り組む課題
取組み期間
(年月~年月)
改善に向けた
具体的な行動
達成度評価 次回評価時期
評価項目
番号
優先
順位
内容
A2-1
(前回)
1 人権の尊重についての理解を深める H25年
6月~11月
人権の尊重についての研修(高齢者虐待・権利擁護)の機会を持つ。 研修の機会が持てなかったため、達成できていない。 継続
H25年11月
A5-1 2 職員の研修の機会を確保する H25年
6月~11月
月に1回は社内で実技研修を行う。 H25年11月

事業者名称(事業者番号)ラ・ケアながら(2570100095)
提供サービス名:訪問入浴介護

サービスの質の向上に向けて、取り組む課題と優先順位、達成度評価の計画

評価年月日   H25年5月31日 前回評価年月日 H24年11月30日

サービスの質の向上に向け取り組む課題 取組み期間
(年月~年月)
改善に向けた
具体的な行動
達成度評価 次回評価時期
評価項目
番号
優先
順位
内容
A2-1
(前回)
1 権利擁護の研修が行える H25年
6月~11月
半年に一度、スタッフ会議時に権利擁護の研修を行う。 実施できず継続。 継続
H25年11月
B2-2
(前回)
2 職員のスキルアップ H24年12月
~H25年5月
月に一度、業務時間中もしくは業務終了後に実技研修を行う。 月に一度は業務時間中に事業所内、訪問先で実施できたため終了とする。 終了
C6-6 3 終末期の研修が行える H25年
6月~11月
3ヶ月に一度、スタッフ会議に合わせて終末期の研修を行う。 実施できず継続。 H25年11月

事業者名称(事業者番号)ラ・ケアながら(2570100095)
提供サービス名:訪問介護

サービスの質の向上に向けて、取り組む課題と優先順位、達成度評価の計画
評価年月日   H25年6月4日
前回評価年月日 H24年11月30日

サービスの質の向上に向け
取り組む課題
取組み期間
(年月~年月)
改善に向けた
具体的な行動
達成度評価 次回評価時期
評価項目
番号
優先
順位
内容
A1-1
(前回)
2 企業理念及び基本方針の意識付け H25年
6月~11月
出発がばらばらであり、朝礼が出来ていない時が多いので、管理者及びサ責が声を掛け、唱和する。 声掛けにて実施できるようになったが、自発的にはできていない。声掛けの継続が必要。 継続
H25年11月
A1-2
(前回)
1 報告・連絡・相談の徹底 H25年
6月~11月
ミス、トラブルがあった際、その都度伝える。スタッフ会議でも重要性を伝える。 新入社員が増えたため、自己判断してしまう事が多くなった。 継続
H25年11月
A2-1 3 権利擁護の研修が行える H25年
6月~11月
2ヶ月に一度スタッフ会議にあわせて権利擁護の研修を行う。 実施できず。継続。 H25年11月
C9-1
(前回)
訪問宅へ着いたら、手洗いと消毒を厳行する H24年12月
~H25年5月
終礼及びスタッフ会議で周知、徹底する。 各職員のヘルパーバックにアルコールスプレーを配布。サービス終了後に消毒を実施。 終了

事業者名称(事業者番号)ラ・ケアながら(2570100095)
提供サービス名:居宅介護支援

サービスの質の向上に向けて、取り組む課題と優先順位、達成度評価の計画

評価年月日   H25年5月21日 前回評価年月日 H24年11月26日

サービスの質の向上に向け
取り組む課題
取組み期間
(年月~年月)
改善に向けた
具体的な行動
達成度評価 次回評価時期
評価項目
番号
優先
順位
内容
B2-2
(前回)
利用者様への相談支援方法を皆で共有し連携を図る H24年12月
~H25年5月
週に1回利用者様情報援助方法についての情報交換を実施する。 会議の他、随時、報告・連絡・相談を実施する事で担当以外のご利用者情報・援助方法が共有できるようになった。 終了
B2-2 1 利用者様への相談支援方法を皆で共有し連携を図る H25年
6月~11月
引き続き報告連絡相談を徹底し、ご利用者の情報・援助方法を、各スタッフが随時情報共有していく。 H25年11月

事業者名称(事業者番号)(2590100083)
提供サービス名:小規模多機能型居宅介護

サービスの質の向上に向けて、取り組む課題と優先順位、達成度評価の計画
評価年月日   H25年5月31日 前回評価年月日 H24年11月31日

サービスの質の向上に向け
取り組む課題
取組み期間
(年月~年月)
改善に向けた
具体的な行動
達成度評価 次回評価時期
評価項目
番号
優先
順位
内容
2 1 事業所と地域とのつきあい H25年
6月~11月
地域の行事やイベントに参加し地域住民との交流の機会をもつ。 H25年11月
38
(前回)
3 日々のその人らしい暮らし H25年
6月~11月
利用者のペースを尊重するにはどうするべきかを理解できるよう研修・会議を重ねる。 研修時間の確保がまだ少なかった。利用者の方へ配慮が出来ない職員もいた。 継続
H25年11月
47
(前回)
3 服薬支援 H25年
6月~11月
勉強会を毎月行い、全員が薬の知識を身に付ける。 勉強会の時間確保が少なく薬に関する知識を全員が確実に身に付けられていない。 継続
H25年11月
49
(前回)
2 日常的な外出支援 H24年12月
~H25年5月
その日に行きたいという場所があれば、事前計画を立てていなくても柔軟に支援する。 その日に外出希望があれば職員と調整をし出かけるよう支援している。 終了


《これまでの自己評価報告一覧》